アヴァンティ 12月号
アヴァンティ 11月号
アヴァンティ 10月号
アヴァンティ 9月号
アヴァンティ 8月号
アヴァンティ 7月号
アヴァンティ 6月号
アヴァンティ 5月号
アヴァンティ 4月号
アヴァンティ 3月号
アヴァンティ 2月号
アヴァンティ 1月号







 
アヴァンティ 2007年 4月号

■「ハンカチーフもってる?」

化粧室で時々爆発したくなることがあります。異性の目がない場所では思いっきりお行儀が悪くなる人っていますよね。トイレのドアを荒っぽく開け閉めし、トイレの中からガラガラとペーパーを引き出す音を大きく響かせる。鏡の前を独占して丁寧な化粧直し。洗面所の周りに髪の毛、丸めたティッシュを散らかしっぱなし。気がつけばこういう人をじっと観察している自分が情けない。しかしアヴアンティ読者の皆さんのために頑張らなければ。彼女は洗った手をハンカチで拭かず、手を振って水滴をまき散らし、濡れた手で髪を撫で付けておもいっきりきどって出て行きました。念入りな化粧直しはデートの前だったからかもしれません。今の作業の一部始終を録画して彼氏に送りつけてやりたい!

そういえば、その女性だけでなく最近洗面所でハンカチを使う女性をみかけなくなりました。持っていないのでしょうか。それならばデパートのハンカチ売り場の豊富な品揃えはどうしてでしょう。他の国ではあまりみかけないブランドのハンカチも種類が豊富です。自分で買わなくてもプレゼントでいただくことの多いのもハンカチ。世界一ハンカチ好きの国民なのにと言ったら、横でスタッフが断言しました。
「持っているけど使わないんですよ」
それはまたどうして。「洗ってアイロンがけするのが面倒だから」「手を拭いて濡れたハンカチをバックに戻すのが嫌だから」等といろんな意見が飛び交いましたが。本当のところはどうなんでしょ。
外国のハンカチ事情を調べるとアメリカもイギリスもティッシュより少し厚めのペーパーハンカチーフを持ち歩いているのだとか。トイレにはほとんどハンドドライヤーがついているからハンカチは必要ないとも言っていました。ハンドドライヤーって噛み付かれそうで恐いと思うのは時代遅れなんですね。

ハンカチは古くは権威の象徴であったり、イニシャルを刺繍したハンカチを手渡すのが愛の証だった時代もあったそうです。現代で気になる人の前で落として話のきっかけ作りにする古典的な使い方をする人がいたら変ですが、手を洗った後きちんと自分のハンカチで手を拭く人は男女に関わらずエレガントだと思う・・・と書きかけたら、また横でスタッフが口を挟みました。「最近はトイレの後で手を洗わない人が増えているらしいですよ」「...」